Windows エクスペリエンス インデックスとは


Windows エクスペリエンス インデックスは、PC が Windows でどの程度うまく動作しているかを示す測定であり、期待できるエクスペリエンスを基本スコアを使用して評価します。基本スコアが高いと、その PC は通常、基本スコアが低い PC よりも高速で応答性が高くなります。

パフォーマンスの情報とツールでの Windows エクスペリエンス インデックスの数値
パフォーマンスの情報とツールでの Windows エクスペリエンス インデックスの数値

PC の各ハードウェアは、サブスコアと呼ばれる独自のスコアを持ちます。PC の総合基本スコアは、すべてのサブスコアの平均ではなく、最も低いサブスコアによって決まります。サブスコアを表示して、最も気になるハードウェアのパフォーマンスを確認できます。そうすることで、PC の部品をアップグレードした方がよいかどうかを判断できます。

PC の基本スコアを表示するには

  1. [パフォーマンスの情報とツール] を開くには、画面の右端からスワイプして [検索] をタップし (マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下へ移動して [検索] をクリックし)、検索ボックスに「パフォーマンスの情報とツール」と入力して、[設定] をタップまたはクリックしてから [パフォーマンスの情報とツール] をタップまたはクリックします。

  2. コンピューターの Windows エクスペリエンス インデックスの基本スコアとサブスコアを表示します。最近ハードウェアをアップグレードし、スコアが変更されたかどうかを確認する場合は、[評価を再実行] をタップまたはクリックします。 管理者のアクセス許可が必要です 管理者パスワードの入力や選択内容の確認を求められることがあります。

    サブスコアおよび基本スコアが表示されない場合は、[このコンピューターの評価] をタップまたはクリックします。 管理者のアクセス許可が必要です 管理者パスワードの入力や選択内容の確認を求められることがあります。

注意

  • Windows エクスペリエンス インデックスの基本スコアは、通常、1.0 から 7.9 の範囲になります。ただし、PC に 64 ビットのプロセッサと 4 GB 以下のランダム アクセス メモリ (RAM) がある場合、PC のメモリ (RAM) サブスコアの最大値は 5.9 になります。つまり、全体の基本スコアも 5.9 までに制限されます。

基本スコアまたはサブスコアが更新されない場合

次の条件下では、Windows が Windows エクスペリエンス インデックスを更新できない場合があります。

  • バッテリ電力での実行。‌Windows は、バッテリのみで実行している場合、自動的に電力を節約しようとします。そのため、PC がバッテリ電力で実行されている場合、パフォーマンス評価は実際の能力を反映しません。PC を電源に接続し、評価を再実行します。

  • 十分な空きドライブ領域がない。PC を評価するときに、Windows エクスペリエンス インデックスはハード ドライブ上にテスト ファイルを作成します。テスト ファイルを作成できる十分な空き領域がない場合は、評価を完了できません。ディスク クリーンアップ ツールを使用すると、空き領域を作成できます。詳細については、「ディスク クリーンアップを使用してファイルを削除する」を参照してください。

  • 評価が既に実行中である。 Windows エクスペリエンス インデックス評価を既に実行している場合、スコアは更新できません。

  • ビデオ ドライバーが古い。PC が古いバージョンのビデオ ドライバーを使用している場合は、スコアが更新されないことがあります。

  • マルチメディアがサポートされていない。PC がマルチメディアをサポートしていない場合は、スコアを更新できません。




もっと詳しく