XPS ドキュメントは、XML Paper Specification、つまり .xps ファイル形式で保存されたファイルです。Windows で印刷できる任意のプログラムを使用して XPS ドキュメント (.xps ファイル) を作成できますが、このバージョンの Windows に含まれている XPS ビューアーでは、XPS ドキュメントを表示することだけができます。

XPS ドキュメントをクリックすると、そのドキュメントが XPS ビューアーで自動的に開かれます。XPS ビューアーで XPS ドキュメントの表示と管理を行うための、次のようないくつかのオプションがあります。

  • XPS ドキュメントのコピーをコンピューターに保存します。

  • ドキュメント内の単語や語句を検索します。

  • 拡大または縮小して、テキストおよび画像を読みやすくします。

  • XPS ドキュメントにデジタル署名します。

  • ドキュメントにアクセス許可を適用して、ドキュメントにアクセスできる人および期間を決定します。

XPS ドキュメント フォーマットの詳細については、「XPS ドキュメント: よく寄せられる質問」を参照してください。XPS ビューアーの詳細については、「XPS ビューアーの使用」を参照してください。