XPS ドキュメント: よく寄せられる質問


ここでは、XPS ドキュメントに関してよく寄せられる質問に対する回答を示します。

すべて表示

XPS ドキュメントとは何ですか。

XML Paper Specification (XPS) ドキュメントは、ドキュメントの内容について、表示、保存、共有、デジタル署名、および保護を行うために使用することができるドキュメント形式です。XPS ドキュメントは電子形式の紙のようなものです。紙に印刷後はその内容を変更できないように、XPS 形式で保存された XPS ドキュメントの内容は編集できません。このバージョンの Windows では、印刷ができる任意のプログラムで XPS ドキュメントを作成できますが、XPS ビューアーでは、XPS ドキュメントに対する表示、署名、アクセス許可の設定のみ行うことができます。

XPS ドキュメントを作成するにはどうすればいいですか。

Microsoft Office system 全体を含め、印刷ができる任意のプログラムで XPS ドキュメントを作成できます。Microsoft Office で XPS ドキュメントを作成する方法については、Microsoft Office ヘルプと使い方の Web サイトにアクセスして、XPS 形式でファイルを保存する方法に関する情報を検索してください。

XPS ドキュメントをその他のプログラム (メモ帳、ワードパッドなど) で作成するには

  1. [ファイル] メニューの [印刷] をクリックします。

  2. [印刷] ダイアログ ボックスで、利用可能なプリンターの一覧から [Microsoft XPS Document Writer] を選択して、[印刷] をクリックします。

  3. [ファイル名を付けて保存] ダイアログ ボックスで、XPS ドキュメントに名前を付けて、[保存] をクリックします。

XPS ドキュメントを表示するにはどうすればいいですか。

印刷ができる任意のプログラムで XPS ドキュメントを作成できますが、このバージョンの Windows では、XPS ビューアーで XPS ドキュメントに対する表示、デジタル署名、またはアクセス許可の設定のみ行うことができます。

XPS ドキュメントを XPS ビューアーで表示するには、XPS ドキュメントをダブルクリックします。ドキュメントが自動的にビューアーで開かれます。XPS ビューアーのツール バーおよび機能の詳細については、「XPS ビューアーの使用」を参照してください。

XPS ドキュメントを検証および保護するには、どうすればよいですか。

XPS ドキュメントの信頼性はデジタル署名を使用して検証でき、ドキュメントの内容はアクセス許可を使用して保護できます。

デジタル署名には 2 つの目的があります。自分が署名した後、XPS ドキュメントが変更されていないことを検証できます。また、別の XPS ドキュメントの発行者を検証して信頼された発行元からのドキュメントであることを確認できます。

自分の XPS ドキュメントに対してアクセス許可の制限を作成して、自分の許可がないと、だれもそのドキュメントを表示、コピー、印刷、またはデジタル署名できないようにできます。アクセス許可に時間の制限を設定して、他のユーザーにできるだけ多くまたは少なくアクセス許可を付与して、ユーザーごとに異なるレベルのアクセスを許可できます。