エラーがないかドライブをチェックする

ドライブのエラーをチェックすることで、コンピューターに発生するある種の問題を解決できます。たとえば、コンピューターのプライマリ ハード ディスクをチェックすることで、パフォーマンスの問題を解決したり、適切に動作していない外部ハード ディスクをチェックしたりできます。

  1. [コンピューター] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コンピューター] の順にクリックします。

  2. チェックするドライブを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  3. [ツール] タブをクリックしてから、[エラー チェック] の [チェックする] をクリックします。 管理者のアクセス許可が必要です 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。

    スキャンによって検出されたファイルおよびフォルダーの問題を自動的に修復するには、[ファイル システム エラーを自動的に修復する] をオンにします。選択しない場合、ディスクのチェックで検出された問題は報告されますが、修復は行われません。

    完全なディスク チェックを行うには、[不良セクターをスキャンし、回復する] をオンにします。このスキャンでは、ドライブ自体に発生する物理エラーの検出と修復を試みます。そのため、完了までに長い時間がかかることがあります。

    ファイル エラーと物理エラーの両方をチェックするには、[ファイル システム エラーを自動的に修復する] と [不良セクターをスキャンし、回復する] の両方をオンにします。

  4. [開始] ボタンをクリックします。

ドライブのサイズによってはチェックに数分かかる場合があります。チェックが最適な状態で行われるよう、エラーのチェック中は、コンピューターを他の作業に使用しないでください。

  • 使用中のディスク (Windows がインストールされているパーティションなど) を対象に [ファイル システム エラーを自動的に修復する] を選択した場合は、次にコンピューターを再起動したときディスク チェックを行うようにスケジュールを変更することを求めるメッセージが表示されます。